【ローン中について】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

【ローン中について】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

中古車売却時にポイントとなるもののひとつに、「ローン中の場合はどうすればよいのか」があります。
多くの場合、車を売る段階ですでにローンの支払いが終了しています。つまり、「車の名義が自分に変更された後」に売却するという流れになりますが、ローンが残っている段階では「ローン会社名義」になっていることがほとんどです。

 

一部、ローンが残っている状態でもローン会社名義にならないままで契約できることもありますが、ほとんどは「ローン中はローン会社名義」という状態になります。

 

車を売却しようとすれば、契約上で必要になる書類が複数あります。
そのうち、名義変更に関する手続きなどは「名義者のみが作成できる書類」となるため、自身が名義人になっていない場合には書類を作成することができません。

 

ローンが終了している場合には名義が自分自身になっているので、書類の作成に困ることは無くなります。
しかし、名義が自分自身になっていない場合には、名義者(ローン会社)に依頼して書類を作成することになります。

 

ローン会社としては、債務者がしっかりと代金を完済してくれれば何ら問題はないものの、担保としている車両本体が無くなってしまうと「踏み倒し」のリスクが高まります。
その為、「売却した代金で残債を完済する」といった条件の下に、ローン中でも名義変更の依頼に対応してもらうこともできます。

 

しかし、売却したお金でローンを完済することができない場合には、別途ローンを完済するためにお金を支払うことで対応してもらえる可能性があります。
いずれにしても、まずはローン会社に「売却したい旨の相談をすること」が先決です。

 

 

その結果、どのような対応(選択肢)があるのかを案内してもらうことができれば、その中から一緒になって一番よい選択をすることができます。

 

もし、ローン中にもかかわらず黙って売却してしまった場合には、債権者および名義人(ローン会社など)から弁済を求められることもあります。

 

また、車両に関しても「平均価格よりも大幅に安くなってしまう」というデメリットがあるので、基本的にそのような状態で売却することはメリットがありません。

 

どちらにせよ、残債がある状態や名義が他人(特にローン会社)になっている場合には、査定自体は対応してくれるものの契約には応じてもらえない可能性が高くなります。
大手の中古車買取業者やディーラーならば、ほぼ不可能だと考えておいた方が賢明です。

 

車を売却する前に見てください!