【他人名義について】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

【他人名義について】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

例えば免許を取得した際に、親がその祝いとして車を買ってくれたとします。そして何らかの事情で車売却をする必要が生じた場合は、他人名義になることから、車を売るのを迷ってしまっても不思議ではないです。
この時に必要となるものは自動車車検証と自動車納税証明書、自賠責保険納入証明書やリサイクル券、そして印鑑登録証明書と実印、委任状や譲渡証明書も必須です。

 

自動車車検証は車の中に入れて保管しておくのが一般的です。
そのため、助手席についているケースを開ければ入っている場合がほとんどです。

 

買取をしてくれる業者は、この車検証を参考にして見積り額を出すので重要な書類と言えます。
自動車納税証明書は、車の税金を適切に払っているかを確認する書類です。

 

毎年4月になると車の税金を払ってほしいと書類が送られてきます。
そして5月末までに金融機関に行って支払いをすることになります。
税金が支払われていない場合は、車を売るのは難しいです。自動車車検証と同じ場所に保管されていることが多いです。

 

自賠責保険証明書は、強制保険とも言われていて、車所有者に加入が義務付けられた自賠責保険です。
他人名義なので、この場合は親の名前で支払われていると思われます。保管場所は車検証と同じ場所に一緒にしてあります。

 

リサイクル券は車を新しく購入した際に支払われる物で、廃車の時に必要になります。
車検をする時に必要になるものなので、車検証と一緒に入っているはずです。名義に関係なく、リサイクル県の費用を負担する必要はないです。

 

印鑑登録証明書は車の売買する時に必須ですが、他人名義の車なので親が購入した時に使った印鑑が必要です。
実印に使った印鑑を紛失してしまったというのはよくある話なので、わかりやすい位置に保管しましょう。

 

どうしても見つからない時は、市役所に行き相談をしたほうが無難です。
委任状はこの場合は親が書きこみます。他人名義の車を売る時は、所有者の委任状を用意しないと手続きができないので、売却を委任する証明書として委任状が必要です。

 

譲渡証明書は車売却した時に所有者が他の人に変わったことを証明する書類です。
他人名義の車を手放した後に、その名義が買取店に移ったことを周囲に教えるために必要です。

 

買取業者が買取した後に店側が作成する書類なので、売却した側が書くことはないため安心して良いです。
これらの書類のどれかが見つからない時は、再発行の手続きをするといいです。
買取業者は経験豊富なことから、相談をすればどうすればいいのかを教えてくれます。

 

車を売却する前に見てください!