【相続について】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

【相続について】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

車を入手する方法として、購入するのではなく、親や配偶者などから相続することもあります。
そのまま車に乗り続ける事もできますが、免許がなかったり年式が古いものであれば売却も検討するべきです。
では、相続してから車売却まで必要な手続きを流れで見ていきましょう。

 

まず、前提として売却というのは現在の所有者と購入者の間で売買代金の授受を行い、所有権を移転することです。
ところが、車が故人の持ち物であれば、代金を受け取るべき人物がいないので売却はできません。それを解決するためには、新たな所有者、つまり相続人の名義に変更をしておかなければいけません。

 

名義の変更には、前の所有者が亡くなったことを証明する書類や車庫証明書など必要書類を揃えて、運輸支局にて手続きを済ませます。ちなみに、複数の相続人がいるときには、名義を一人に絞るか、共同名義にすることになります。名義を一人にする場合には遺産分割協議書も必要となります。

 

新旧の所有者で住所や車の保管場所が同じ場合には、ナンバープレートはそのまま使えますが、別の地域に移すのであれば、その場所を管轄する運輸支局にて新しいナンバープレートを貰う必要があります。その場合には車を運輸支局にもっていかなければいけません。
この手続については、代行業者に依頼をすれば手間を省くことは可能です。

 

そうして名義の変更が行われたら、今度こそ売却の手続きです。
一人だけが名義人になっている場合には、あまり問題はないのですが、複数の共同名義ということであれば、誰か一人が代表相続人となり、その人に名義人が全員が委任状を渡すことで車売却をすることが出来ます。そうして得られた売却益を分けることになります。

 

車を売るときに、他にも確認しておかなければいけないことは、ローンの支払いが完済しているかどうかです。
ローンの残債がある場合には、基本的に所有権は融資をしているローン会社のものとなります。

 

ですから勝手に売却する事はできません。売却を考えているのであれば、残債をすべて精算してから、所有権を自分のものにする事が必要です。
もし、ローンの残債を放棄してしまうと、債権者であるローン会社が売却して、残債を回収することになってしまいます。

 

なお、ローンによっては所有権がローン会社ではないこともありますから、車検証にて確認する事が必要です。
つまりローンは残っていても車とは切り離されている場合です。この場合には名義は故人なので、売却をしてローンの残債を支払うという方法を講じることが出来ます。

 

車を売却する前に見てください!