【車検切れについて】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

【車検切れについて】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

車を売る時には、中古車買取り専門店、中古車買取販売店やディーラーなどを利用するのが一般的です。
中には個人売買(オークションなどを含む)によって車売却をするという人もいますが、多くの人は専門業者を利用して対応しています。
車を売ろうとした時に「高く売りたい」と思うのであれば、できるだけ高く買取ってもらえる状態で売ることが大切ですが、その時に価格を左右する大きな要因の一つが「車検の有無」です。

 

車検が残っている車と車検切れの車では、買取価格に数万円の違いが出る可能性があります。
少しでも高く売りたいのであれば、できる限り車検が残っている状態で査定を受けた方が賢明です。
車検が切れている状態では、車の状態によっては買取り不可と判断されてしまう可能性が高まりますが、状態次第では「廃車手続きを代行してもらえるだけでも構わない」と判断できる場合もあります。

 

個人売買を利用する時には、廃車手続きや名義変更手続きをどのように進めるのかが1つのポイントです。
例えば、オークションサイトを利用して個人売買をする場合、多くの出品者は「廃車手続きのみ担当し、名義変更手続きに関しては購入者に依頼する」という対応をしています。
確かにこの方法であれば必要な労力を最小限度に抑えつつ、万が一の事態が起こった場合でも自身へのリスクを減らすことが可能です。
とは言え、リスクが0になる訳ではないので十分に配慮する必要があります。

 

その点、専門業者を利用して車売却をする場合には、関係する手続きをすべて専門業者が「無料で」代行してくれることがほとんどです。
万が一、買取り対応不可という判断が下った場合であっても、無料引き上げを了承してもらえるならば手続きはすべて代行するという契約になることや、代行手数料という名目で多少の費用を負担することで代行してもらえる可能性もあります。
どのような方法で対応することが一番メリットが大きくなるのかを検討し、後から後悔しないように選択していくことが大切です。

 

買取価格が安くなりやすいという点を除けば、車検切れの車を売る場合でも特に面倒な手続きはありません。
あくまでも専門業者を利用した場合の話にはなりますが、車検切れの車を売る場合のほうが車検を残している状態の車を売る場合よりも手続きが少なく済むというメリットもあります。
いずれにしても、すべての手続きは専門業者がリードしてくれるので、特に不安を感じる必要がないという点が大きな特徴です。

 

車を売却する前に見てください!