【旧姓について】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

【旧姓について】車を売却するときに迷ってしまう手続きのお話

車を売る際には、所有者の印鑑証明や住民票の写しなどが必要になります。
車検証の所有者の名義と印鑑証明が一致しており、その人がきちんと在住していることを示すことが必要だからです。

 

その為、車検証の所有者の名義と印鑑証明と戸籍上の名前が一致していない場合には自動車が正式にその人の所有であることを証明する書類が必要になります。

 

車検証の所有者が結婚するなどして姓が変わってしまった場合には、車検証に記載されている姓からどの様な経緯によって現在の姓になったのかを証明するための書類が必要です。
具体的には姓が変わったことを示す戸籍抄本などが必要になります。その為、非常に難しい手続きが必要になるのです。

 

車売却に於いては決して口約束やいい加減な手続きは認められないものです。
そのため本来は結婚したり養子縁組をするなどして姓が変わった場合にはその時点で車検証の記載変更届を提出し、現在の姓に変更しておくことが大切です。

 

しかし自分名義の車をそのまま実家に於いて嫁ぎ先に入る場合などは、なかなかその手続きを行ってしまうことが多く、車検証の記載事項が旧姓のままになってしまうことも少なくありません。

 

また、結婚して車に乗らなくなるからと売却してしまう場合には車検証の記載変更を行わずに売却するケースもあります。
車検証の記載変更には費用が掛かるため、すぐに売却する車にお金はかけたくないという面もあり、なかなかその手続きを行わないのが実態です。

 

しかし、車には税金の問題や登録の問題も有り、所有者の情報を最新の状態にしておくという必要性があります。
又、税金の支払いについて管理する必要性も高いため、所有権の異動に関する管理について非常に厳密に行われているのが実態で、そのため所有者の姓が変わっている車を売る場合にはその姓に買った経緯を明確にする為の公的な書類が必要になるのです。

 

その他、印鑑証明に付いても同様に、旧姓で作成している場合には使用出来ないため、新しい印鑑証明を作成する必要があります。
車売却の際にはこのように車検証に記載されている名義と現在の氏名が異なっている場合には異なっている理由を示す書類が必要になるとともに、その二つを過程を含めてつなげるための書類が必要になります。

 

通常は現在の姓の戸籍抄本と旧姓から現在の姓に変わる経緯を示す除籍付表を提示すればよいものですが、場合によっては除籍抄本と言われる、親の戸籍から結婚などの為に除籍したことが記載されている物が必要になることも有ります。
その為、買取店もしくは陸運局などに確認することが大切です。

 

車を売却する前に見てください!