【車庫証明について】車を売却するときに迷ってしまう書類のお話

【車庫証明について】車を売却するときに迷ってしまう書類のお話

車売却は、手間がかかります。
特に書類には頭を悩ませる人が少なくありません。

 

車を売るときに参考になる情報サイトには、書類についての様々な質問が寄せられています。
その中で多いのが、車を売るときに車庫証明は必要かという質問です。

 

車を売る場合や買い替えの時に必要な書類には、自分で用意する書類と買取店で用意する書類があります。
自分で用意する書類は、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、自動車保管場所証明書、印鑑証明書、住民票です。

 

自動車検査証は、住所と氏名を確認しておきます。
自動車検査証は、保険の見積もりを作成す時にも必要になるため、コピーを取っておく人が多いです。

 

自賠責保険は、車を持っているすべての人が加入する義務があります。
自動車保管場所証明書は、いわゆる車庫証明書のことです。

 

車を買い替える場合、買い替える前と同じ車庫を利用するという人は少なくありません。
同じ車庫を利用する場合であっても、車庫証明書は再取得する必要があります。
印鑑証明書については、有効期限を買取店に指定されることがあります。

 

もし、自動車検査証に記載している住所と、現在の住所が違う場合は、住民票が必要になります。
また、何らかの理由によって姓が変わった人や、住所変更を何度もしている人は、戸籍謄本が必要になります。
買取店が用意する書類は、譲渡証明書と委任状です。

 

譲渡証明書は、車の売却に必要となる証明書で、買取店が用意します。
委任状は、車を売買するための登録に関係した手続きを、販売店に委任するための書類です。
必要となる書類を無くしてしまった場合は、再度発行してもらいます。

 

自動車検査証は、登録した陸運局で再発行ができます。
再発行には、申請書類代金と手数料が必要となります。

 

自賠責保険証明書は、保険会社で再発行できますが、再発行する場合は身分証明書が必要です。
車を売却して新しい車を購入する場合、自動車保管場所証明書には注意が必要です。

 

車庫証明書は、買取店に委託して手続きを代行してもらうことも可能ですが、その場合は手数料がかかります。

 

できるだけ経済的な負担を減らし、節約したいと思っている人の多くが、車庫証明書は自分で申請しています。
自動車保管場所証明書の申請書類は、警察署でもらうことができますが、ダウンロードでも入手することができます。

 

書類をそろえて、保管場所を管轄している警察署に申請します。
申請すると、通常であれば1週間以内に自動車保管場所証明書が交付されます。

 

車を売却する前に見てください!