【戸籍附票と入手方法について】車を売却するときに迷ってしまう書類のお話

【戸籍附票と入手方法について】車を売却するときに迷ってしまう書類のお話

車を売る場合には、通常、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑証明書、譲渡証明書を準備する必要があります。
場合によっては他に住民票が必要となり、全ての書類が用意できて、初めて手続きをすることが可能となります。

 

車売却においては、車検証の名義と現在の名義が同じであればスムースに手続きを行うことができますが、名義が異なっている場合には手間がかかることになり、ここでは、戸籍抄本を用意する必要が生じてきます。
名義が異なるケースとしては結婚などによって苗字が異なる場合があり、反対に、離婚の場合にも同じようなケースとなります。

 

車の売却において厄介なケースとして、住所が異なる場合があります。
この場合には住民票を提出することで手続きを進めることが可能となりますが、問題となるのは引越を繰り返して前住所で車検証を変更していない場合があり、ここでは、戸籍附票が必要になってきます。

 

その理由としては、住民票では1回の住所移動しが確認できないことがあります。

 

戸籍附票とは、簡単に言えば、住所の移転履歴を記録した書類のことを指します。
附票には、本籍地、筆頭者名、戸籍に在籍している人の住所の移動が記載されており、本籍のある市区町村で、戸籍とセットで管理されています。

 

戸籍の附票に関しては2つの内容に関して理解をしておく必要があり、まず、1つに、交付をしてもらうには、住所ではなく、本籍と筆頭者名がわからなければ請求することができない点があります。

 

2つ目としては、住所移動が記録される期間は戸籍に本籍がある期間だけであり、婚姻や転籍などで戸籍が変わった場合には、新しい戸籍とともに新たに記録が行われることがあります。

 

戸籍附票の取得方法は、戸籍の請求と同じ方法で行うことになります。

 

請求は本籍地の市区町村に申請を行い、多くは、戸籍の附票全部事項証明書か、戸籍の附票個人事項証明書のどちらかで入手をすることができます。
取得においては、本人が窓口で直接取得をする方法、代理人による取得、郵送請求による取り寄せの3つ方法を利用することができるようになっており、本籍地が遠い場合や、役所へ行く都合を付けれない場合には郵送請求を利用することで手間をかけずに入手をすることができます。

 

ただし、請求をする場合には、本人や配偶者、直系の卑属・尊属を除いては、委任状や正当な理由が必要になるために注意が必要になります。
戸籍附票は、通常、発行には200円程度かかることになりますが、住民票を複数取らなくても移転の履歴を確認することが可能となります。

 

車を売却する前に見てください!