【印鑑証明について】車を売却するときに迷ってしまう書類のお話

【印鑑証明について】車を売却するときに迷ってしまう書類のお話

車売却に必要になることのある書類の一つに、印鑑証明というものがあります。
車を売るときにはこの他にも必要になってくる書類はありますが、印鑑証明といっても果たして何のことか、どうやったら入手できるのかさっぱり分からないという人もいるでしょう。

 

ここでは、印鑑証明の入手方法を説明します。

 

まず、いきなり証明を入手することはできないということを覚えておいて下さい。
証明を入手するよりも前に、予め印鑑登録というものをしておかないといけないのです。

 

印鑑登録というのは、まずは市区町村の役所に自分が証明したい印鑑を登録しておくことを指します。

 

登録に必要なものは、当たり前のことですが登録したい印鑑です。

 

これは、印鑑であればどんなものであっても可能というわけではありません。
いわゆる三文判と呼ばれるような大量生産されている印鑑では受け付けてくれないこともあります。

 

また、シャチハタ印やゴム印のような変形しやすいもの、極端に大きいものや小さいものは登録できません。

 

また、常識的なこととは思いますが、自分の姓名、姓、名、姓と名の組み合わせ以外の文字で構成されているようなものも登録できません。
鈴木太郎さんが高橋などと書かれた印鑑を登録しようなどと考えることは普通に考えてあり得ないはずですが、この制限のために例えば結婚前の旧姓で登録することもできないわけです。

 

ちなみに登録された印鑑のことを実印と呼びます。

 

また、印鑑以外に本人確認書類も必要です。

 

運転免許証やパスポートなどがこれに当てはまります。
これらを持って役所に行けば登録することが可能です。ここまでが登録の説明です。

 

続いて、証明の取得の話に移ります。
そもそも証明するのは何を証明しているのかというと、自分がある書類に押した印鑑が、間違いなく役所に登録された印影と同じですよということを証明するものです。

 

つまり、自分と同じ姓名の印影であっても、もしかしたら他の誰かが勝手に押したものかもしれません。
日本においては印鑑というのは本人確認のために重要と考えられてはいるものの、別に悪意を持った他人が押すことを完璧に排除できるわけではないのです。

 

これを排除しようとする仕組みがすなわち印鑑証明ということになるのです。
印鑑登録を済ませれば、この証明書が役所から交付されます。

 

この印影は、役所によって確かに本人のものであると確認されたものだということを証明してくれる書類となるわけです。

 

車を売却する前に見てください!