車の売却時期は要注意!

損をしない車を売却する時期はあるの?

車を売却したいと考えている人で、何時売るのが良いか悩んだりしている人っていますよね?

 

ネットで調べてみると、車業界の繁忙期といわれている2月~4月と書かれています。

 

これは、一応正解だとは思います。

 

 

 

高く売れると判っている車だけ

 

私は以前、車買取の仕事をしていましたので、確かに高めに買取っていました。

 

ただ、それは高く売れると判っている車だけです。

 

他は、むしろ買取の事務手続きなどを考えると、対して利益にならないような車は、結構強気の査定(安く査定する)をしていました。

 

それでも、この時期(3月前後)は、素人さんは薄い知識で時期を逃がさないように必死で売ろうと思っているので、実は買い手としては安く買取りできるのです(あの時売ったのお客さん達ホントすみません

 

では、教えちゃいますが、この時期にある方法を加えると高く売れます

 

 

 

それは、一括査定サイトで査定を申込むのです。

 

 

 

下記に元車買取業者の私が評価できる一括査定サイトをまとめてみました。

 

つまり、高額査定がバンバン出てくるということ、、、
店舗型買取業者からしてみたらタマッタもんじゃないけど、、、

 

 

元車買取業者の私が評価できる一括査定サイト

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定》

このサイトは、提携業者がどこも大手なので買取の資金力にものを言わせてくる業者が多いので、かなり手ごわかった。 ほとんど利益にならなかった記憶がある。ようするに高額査定がほぼ確実に出るってこと

 

https://www.zba.jp/

 

 

 

《かんたん車査定ガイド》

このサイトを利用するお客は、初めて車を売る人が多かった記憶があるな。なんでだろ、入力が簡単だからなか?

 

http://a-satei.com/

 

 

 

《カーセンサー.net簡単ネット査定》

まあ、有名ですよね。 車買取業者からすると手ごわいライバル業者と業者と戦くことが多かったような・・・

 

http://kaitori.carsensor.net/

 

 

 

 

買取プロ相手にどう戦うの?

 

我々は、車買取のプロです。

 

申し訳ないですが、素人さんの知識くらいでは負けません(^^;

 

車買取の業界は、車を安く買うことが仕事です。

 

そのプロを、浅はかな知識で交渉しようとしても無駄です! 生意気言ってゴメンナサイm(_ _)m

 

 

でも、考えてみてください。 あなたも仕事をしている人ならわかると思いますが、素人には負けようがないですよね?

 

 

車買取業界でも、同じです。

 

いくらネットで仕入れてきた情報をぶつけられても痛くも痒くもありません(^^;

 

 

車買取業界では、いつ売っても、上手なトークが用意されています。

 

 

買取プロのトークに勝てますか?

 

年明けの場合は

「販売の最盛期になる3月、4月に向けて高く売れるので、来月になるとがくんと下がる可能性が高い」

 

2月、3月頃に売るの場合は

「4月に向けて新しく買い替え需要があるので、今が一番高いときです。」
「4月になると自動車税が課税されますよ。(実際は課税されても、その分買取額に反映されるので関係ないです。)

 

4月に売る場合は

「ゴールデンウィークに向けて購入需要があるので、一番高い時です。」

 

5,6月に売る場合は

「夏場に向けて購入需要があるので、一番高いときです。」

 

7月、8月に売る場合は

「秋や寒い時期に向けて買う需要が高いので、9月になると下がります。夏場が一番高く売れる時期なんですよ!」

 

9,10月に売る場合は

「年末年始需要があるので、11月に入ると値段が結構下がります。」

 

これ以外にも、
「本部に確認しましたら、今ちょうど欲しいお客様が、居て、お客様の車とぴったりだったんです!」

 

これの何十倍も、営業トークを覚えさせられました。

 

こういう世界です。

 

 

 

車を売る時の、もっとも役立つコツを教えます。

車を売る時の、もっとも役立つコツを教えます。

 

そのコツとは、

 

プロとプロを戦わせるのです。

 

 

 

 

まず、基本的に、全ての買取業者は、「とにかく安く買う」ことだけしか考えていません。

 

そして当然、売る人は、「少しでも高く売りたい」 と思っています。

 

 

なので両者とも勝者になることは無いのです!

 

 

つまり、車売却交渉は戦いなのです。
交渉がすんなり終わった時は、必ず車買取業者が勝っています。

 

当然、買った顔はみせません。むしろ負けた顔をしています。
こころの中では、勝利のガッツポーズをしてます。

 

あなたが買取業者の立場だったら、判りますよね?

 

 

例えば、こんな例

 

 

けっこう古い車だけど、実は外国で人気がある車種で、しかも軽く100万円前後で取引されている車の情報を情報を持っているとします。

 

その車種を持ち込んだお客さんが、「20万、30万くらいつけば嬉しい」と言ってきました。

 

 

あなたなら、どうします・・?

 

 

正直に、100万円くらいで買います?

 

あなたは、買取業者のプロで、これで家族を養っています。

 

 

いくらで、買いますか?

 

お客さん、『キツイなぁ』とか言って、『これが限界ですよ!』と35万位で買いませんか?
それでも、このお客さんは満面な笑みですよね。

 

これが、車買取の業界です。

 

 

 

 

 

絶対の負けない自信があるからこのキャッチフレーズ

 

  • どこよりも高く買います!
  • 地域ナンバーワンに挑戦!
  • 高価買取!
  • 大手だから安心!
  • 専門店だから高く買います!
  • 海外販路があるため、高く買えます!
  • ユーザーに直販ルートがあるので、高く買えます!
  • 今なら高く買えます!
  • 今が一番良い時期なんですよ!

 

どれが正解だと思いますか?

 

答えは、ほぼ99%、客よせキャッチフレーズですよ。

 

 

くどい様ですが、みんな車買取のプロなんですよ。
とにかく安く買取る方法や知識の固まりなんですよ。

 

だから、実際商談になると、手の内は見せません。

 

交渉してきます。

 

相手が売る金額を言うまで、

 

正式な金額は、言いません。

 

相手はプロです。

 

相場を知らない素人は、太刀打ちできません。

 

 

じゃあどうすればよいか?

 

 

 

プロとプロを戦わせて、高みの見物

 

 

買取店同士で、競争を意識させることです。

 

 

そうです! プロとプロを戦わせるのです!

 

 

ただ、これを実践するのに、1店舗ずつ回ってはダメです。

 

これ方法だと結局は、あなた対プロです。

 

相手の巧みなトークで撃沈されます。

 

とうぜん、売る方としては『高い』と納得しなければなかなか手放しません。

 

なので、買取業者側は、お客が『高く売れた』そう思ってしまうような営業トークを使ってきます。

 

 

 

 

私自身買取店を経営してきましたが、

 

一番安く買えるお客様は

  

知人、友人などの紹介 (余裕)

 

  

直接ホームページを見て入ってきた方 (余裕)

 

  

一店舗づつ査定して回ってこられる方 (少し手こずる。でも大丈夫)

 

  

車の一括査定サイトを利用される方 (これが一番つらい・・・)

 

 

 

つまり、一括査定サイトを利用するユーザーは、買取業者にとってあまりおいしお客ではないんですよ。

 

 

 

 

短期間で、一斉に他の業者と見積を取られるので、高い金額を提示せざるを得ないんです。

 

もうこうなったら、プロ対プロの駆け引きになってしまうのです。

 

なので、車の売却時期の3月前後、実際には1月~4月上旬までの間に

 

 

 

 

一括査定サイトを利用して車を売却するのは、もっとも賢い売る方と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

買取店は安く買いたいですが、薄利でも、買わない、買えないよりはマシですので、

 

比べるの悪いなあ・・と思われる方もいると思いますが、買取店が最も嫌なのは、商談のフィールドにあげてもらえない事です。

 

なので、徹底的に利用しましょう。

 

 

 

 

 

 

買取業者が嫌がる一括査定サイト

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定 このサイトは、提携業者がどこも大手なので買取の資金力にものを言わせてくる業者が多いので、かなり手ごわかった。 ほとんど利益にならなかった記憶がある。
かんたん車査定ガイド このサイトを利用するお客は、初めて車を売る人が多かった記憶があるな。なんでだろ、入力が簡単だからなか?
カーセンサー.net簡単ネット査定 まあ、有名ですよね。 車買取業者からすると手ごわいライバル業者と業者と戦くことが多かったような・・・

 

 

 

 

あと補足ですが、もっと高く売りたいんなら、

 

ヤフオクで自分で売るのが一番高いです。

 

当たり前ですが、業者ではなく、個人に売るんですから。

 

自分で出来る方は、ヤフオクで売るのがベストです。

車の売却に覚えておきたいこと

【消費税について】車を売却に必須

車売却のときにもしかしたら迷うかもしれないことの一つとして、消費税は一体どうなるのかということがあります。そんなことはとくに考えたこともないという人も多いかもしれませんが、車を買うときと同じように、車を売ることも立派な商取引の一つのはずで、車を買うときに消費税のことを一切気にしないという人はいないでしょう。≪続きはこちら

 

 

【自動車税について】車を売却に必須

車を売る際に迷ってしまうことがある理由の一つに、自動車税に関する問題があります。
毎年4月1日の時点で登録自動車を所有している人は、4月1日から翌年3月31日までの1年度分の自動車税を納める義務があります。納税義務が課された人は、都道府県から送付される納税通知書の内容にしたがって、5月末までに納付しなければなりません。したがって、車売却が3月31日までに完了していれば、4月1日に車を所有していないので課税されることはありません。≪続きはこちら

 

 

【委任状について】車を売却に必須

委任状とは、特定の人にある事項を委任したということを証明する書類のことです。身近な例では、例えば、各市区町村で住民票を発行したいのだけれども、平日は仕事で行けないために家族の誰かに行ってもらうことにする場合に必要になります。要は、家族に委任したことを証明する書類のこととなります。≪続きはこちら

 

 

【印鑑証明について】車を売却に必須

車売却に必要になることのある書類の一つに、印鑑証明というものがあります。車を売るときにはこの他にも必要になってくる書類はありますが、印鑑証明といっても果たして何のことか、どうやったら入手できるのかさっぱり分からないという人もいるでしょう。ここでは、印鑑証明の入手方法を説明します。まず、いきなり証明を入手することはできないということを覚えておいて下さい。≪続きはこちら

 

 

【戸籍附票と入手方法について】車を売却に必須

車を売る場合には、通常、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑証明書、譲渡証明書を準備する必要があります。場合によっては他に住民票が必要となり、全ての書類が用意できて、初めて手続きをすることが可能となります。車売却においては、車検証の名義と現在の名義が同じであればスムースに手続きを行うことができますが、名義が異なっている場合には手間がかかることになり、ここでは、戸籍抄本を用意する必要が生じてきます。≪続きはこちら

 

 

【車庫証明について】車を売却に必須

車売却は、手間がかかります。特に書類には頭を悩ませる人が少なくありません。車を売るときに参考になる情報サイトには、書類についての様々な質問が寄せられています。その中で多いのが、車を売るときに車庫証明は必要かという質問です。車を売る場合や買い替えの時に必要な書類には、自分で用意する書類と買取店で用意する書類があります。自分で用意する書類は、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、自動車保管場所証明書、印鑑証明書、住民票です。≪続きはこちら

 

 

【自賠責保険について】車を売却に必須

車売却の際には様々な手続きが必要です。そのひとつには自賠責保険に関しての手続きが挙げられます。自賠責保険は自動車を購入した際にほぼ自動的に加入する保険であり、なおかつ加入することが法律によって義務付けられている保険です。保険料は車検のタイミングで一括して支払う仕組みです。車売却をして、新しい自動車を購入したと言う場合は、またそこで自賠責保険に加入する必要がありますが、車を売ると言う時にも、この保険に関しての手続きが必要です。≪続きはこちら

 

 

【旧姓について】車を売却に必須

車を売る際には、所有者の印鑑証明や住民票の写しなどが必要になります。車検証の所有者の名義と印鑑証明が一致しており、その人がきちんと在住していることを示すことが必要だからです。その為、車検証の所有者の名義と印鑑証明と戸籍上の名前が一致していない場合には自動車が正式にその人の所有であることを証明する書類が必要になります。≪続きはこちら

 

 

【車検切れについて】車を売却に必須

車を売る時には、中古車買取り専門店、中古車買取販売店やディーラーなどを利用するのが一般的です。中には個人売買(オークションなどを含む)によって車売却をするという人もいますが、多くの人は専門業者を利用して対応しています。車を売ろうとした時に「高く売りたい」と思うのであれば、できるだけ高く買取ってもらえる状態で売ることが大切ですが、その時に価格を左右する大きな要因の一つが「車検の有無」です。≪続きはこちら

 

 

【経理上の処理について】車を売却に必須

車売却をするときの経理上の処理は、個人事業者か会社かによって異なります。事業用の車ではなく、個人が日常生活で使用する車を売っても税金はかかりませんが、事業の必要経費にしている車を売る場合には、会社と同じように税金がかかります。 また、個人の場合、事業割合を定めている場合があります。≪続きはこちら

 

 

【相続について】車を売却に必須

車を入手する方法として、購入するのではなく、親や配偶者などから相続することもあります。そのまま車に乗り続ける事もできますが、免許がなかったり年式が古いものであれば売却も検討するべきです。では、相続してから車売却まで必要な手続きを流れで見ていきましょう。≪続きはこちら

 

 

【他人名義について】車を売却に必須

例えば免許を取得した際に、親がその祝いとして車を買ってくれたとします。そして何らかの事情で車売却をする必要が生じた場合は、他人名義になることから、車を売るのを迷ってしまっても不思議ではないです。この時に必要となるものは自動車車検証と自動車納税証明書、自賠責保険納入証明書やリサイクル券、そして印鑑登録証明書と実印、委任状や譲渡証明書も必須です。≪続きはこちら

 

 

【ローン中について】車を売却に必須

中古車売却時にポイントとなるもののひとつに、「ローン中の場合はどうすればよいのか」があります。多くの場合、車を売る段階ですでにローンの支払いが終了しています。つまり、「車の名義が自分に変更された後」に売却するという流れになりますが、ローンが残っている段階では「ローン会社名義」になっていることがほとんどです。≪続きはこちら

更新履歴